しっかりとした肉質に凝縮された旨味、まろやかな風味のきじ肉、また国産鴨肉は孵化から一貫して国内で育てた上質の鴨肉、冬になれば痩せてしまうので猟期はじめの脂がのっているうちに商品化している鹿肉、熊本県産馬刺しは脂ひかえめのモモ肉など、高級ジビエを取り揃えております。

鴨肉

徹底した品質管理

合鴨はとてもデリケートな品種のため、水が濁っていたり鴨舎の床が汚れているとストレスが溜まり、肉質が落ちてしまいます。そのため、直営農場で集中管理することで合鴨にとって快適な育成環境を整えています。

より美味しくお召し上がりいただくために

鴨鍋のために作った「特製つゆ」10倍濃縮タイプ・200ml入り
かつおと昆布の合わせだしに、厳選した本醸造醤油や砂糖を合わせた鴨鍋用のおつゆです。

鴨の香りが広がる「だし用鴨脂」

だしに加えると鴨の香りがより広がります。脂身を溶かしたスープで野菜を煮込み、そのあとに鴨肉をお鍋に入れてお召し上がりください。

美味しく召し上がるコツ

鴨肉は煮えすぎないように、野菜が煮えた後で鍋に入れる。
1、だしを10倍に伸ばす
2、鴨脂を少し溶かす
3、季節野菜を入れて炊く
4、鴨肉を入れる
*鴨肉はすぐに火が通るので煮えすぎに注意してください。

美味しさを生むこだわり

  1. 清潔で快適な育成環境
    厳格な衛生管理のもと、日当たり良好で風通しも良い鴨舎で育成しています。毎日欠かすことなく新鮮な敷料(ソフトウッド)を床に満遍なく敷き詰めることで、ストレスを溜めることなく健康に育ちます。
  2. 季節に合わせた最良の専用飼料
    薬品を使用せず、栄養配分を配慮し、夏季・冬季それぞれの気候に合わせた最良の資料を使い分けています。
  3. 肉質にこだわった最適な育成期間
    短期間で育成すると肉質は柔らかいですが味が水っぽくなります。長期間の育成では味の深みは増しますが、肉質が硬くなるという特性があります。そのため、より柔らかくて深みのある味を追求し、一括管理生産することで最適な期間を見極め、高い品質の合鴨を育成することが可能になりました。

のびのびと育った合鴨肉は、口当たり良く、臭みもほとんどない旨味の濃い上質な味に仕上がっています。家族団欒の主役にも、特別な日のお料理にもオススメです。

お客様の声

鴨だしがうまい!
冷凍なので手軽に夕食に使えるうえ、だしがうますぎる。子ども達も喜んで食べていました。リピートで3つ頼みました。

つゆが絶品!
家族が揃うたびに鍋料理となります。あっという間に食べてしまうぐらい美味しい合鴨ロースです。つゆが絶品で残ったつゆを他の鍋料理のベースにしています。

この冬3度目
鴨だしがうまい!この冬3度目のリピートです。冷凍庫に絶えずストックしております。

京都府産 合鴨ロースで絶品の鴨鍋を!

孵化から一貫して国内で育てた上質の鴨肉。鴨鍋のために作った特製つゆにだし脂をくわえて絶品の鴨鍋をお楽しみください。

  • 季節の野菜を合わせて
    まずは季節の野菜から煮込みます。野菜につゆがしみ込んだ頃合いに、鴨肉をお鍋へ。煮えすぎないようにするのが美味しく味わうコツです。
  • 鴨脂
    鴨肉の脂身をだしに溶かせば、鴨の香りがさらに広がります。

きじ肉

古来より雉は最高の食材として扱われました。 しっかりとした肉質に凝縮された旨味、まろやかな風味 はまさに鶏肉の最高峰です。
もも肉とむね肉とササミのセットです。きじ鍋やすきやき、きじの炊き込みご飯などに。

猪肉

奥播磨の豊かな自然で育った猪肉は、寒い冬を迎えると上質の脂を身にまとい、最高の肉質になります。山の恵みをたっぷりとため込んだ猪肉は、煮込んでも脂が溶けにくく濃厚でジューシーです。

鹿肉

鹿は冬になれば痩せてしまうので猟期はじめの脂がのっているうちに商品化しています。

馬刺し

熊本県産の馬刺しです。生姜醤油にニンニクスライスを一枚隠し味でお肉との相性抜群です。